お店 商品 節約法

【価格帯別】ネットで買えるおすすめのダーツケース10選

マイダーツを買って、次に買いたいダーツグッズはダーツケースですよね。

せっかく買ったマイダーツを裸のまま持ち歩くのではなく、
かっこいいケースに入れていざ投げるとなったら颯爽とダーツを取り出したいものです。

単純にダーツケースといっても、
価格や素材、収納力はそれぞれかなり違います。

今回はそんなダーツケース選びをする上で価格毎にオススメの商品をまとめていきます。

ダーツケースは必要?ケースを使うメリットとは?

スポンサーリンク

ダーツケースが欲しいと思っても、
マイダーツを買った時点で予算が・・・という人も多いでしょう。

まずはダーツケースを持つメリットについて考えてみます。

1:ダーツを無くしにくくなる
2:フライトが長持ちする
3:大会などの時にスムーズにダーツを出せる

1:ダーツを無くしにくくなる

ダーツケースが無く裸のままダーツを鞄に入れておくとどうなるでしょうか。

そうです。
鞄の中でチップ、バレル、シャフト、フライトがバラバラになってしまいます。

元々それぞれのパーツを付け替える前提に設計されていますので、
鞄の中のちょっとした振動でそれぞれの部品は外れてしまいます。

パーツがバラバラになってしまうと、
ダーツをなくしてしまったり、鞄を入れ替えた時に肝心のバレルが無いなんてことになりかねません。

呼びのチップなども含めて全てをひとまとめにしておけると、
ダーツを無くすリスクはかなり低くなってきます。

2:フライトなどが長持ちする

ダーツのパーツはバレル部分以外は基本的には消耗品です。
特にフライトは折れやすく、普通に使っていてもシャフトとの結合部分は消耗しやすいです。

鞄に直接ダーツを入れておくとちょっとした物の重みで簡単に折れ曲がってしまいます。

また、最近のダーツケースにはフライトを付けたまま収納できるケースが増えていますので、
ダーツをするたびにフライトを着脱する際の消耗を防ぐ効果があります。

ダーツを投げる頻度の多い人はバレル以外の消耗品を買う頻度も増えますので、
なるべく長持ちさせて使えると不要な出費を減らしていけることになります。

3:大会などの時にスムーズにダーツを出せる

ダーツの大会の会場やお店で割と多い落とし物は、
意外にもダーツそのものです。

大きな大会になればなるほど、試合までの待ち時間は長いですし、
お店ではお酒に酔っていたり、終電間際で急いでお店をでたりで、
帰り際に入れたと思ったダーツをそのまま置いてきてしまうことはあります。

ダーツを使っていない時にケースに入れるクセをつけておき、
カラビナなどで自分のズボンや鞄につけておければダーツを忘れるリスクも減らせます。

ダーツを投げるまでに一定時間待つときはケースに入れておけば、
すぐに見つかり、大会などでもスムーズに試合に望むことが出来るので便利です。

5,000円以下のダーツケース

スポンサーリンク

ここからは比較的、最初のうちでも購入しやすい、
5000円以下のコスパ抜群なダーツケースを紹介します。

1:【カメオ×エルスタイル】クリスタルカラーズ
2:エルスタイル クリスタル ワン
3:【カメオ】ドロップスリーブ2
4:【ターゲット】タコマ ウォレット XL
5:【ティガ】スマートダーツケース

1:【カメオ×エルスタイル】クリスタルカラーズ



まずはダーツがフライトを付けたまま収納できるドロップインタイプのダーツケースの草分け的存在、
カメオ×エルスタイルのクリスタルカラーズです。

全6色の豊富なカラーバリエーションと、
エルスタイルならではの洗練されたデザインで一躍大ヒット商品となりました。

シンプルなデザインですが、前面のチップケースと背面のカードケースが、
ソフトダーツプレーヤーに向けた作りとなっているのも大きな魅力です。

■【カメオ×エルスタイル】クリスタルカラーズ
【価格】¥3,519(税抜)
コスパ :★★★★☆
デザイン:★★★★☆
機能性 :★★★★★


2:エルスタイル クリスタル ワン



続いてもエルスタイルのダーツケースです。
カメオ×エルスタイルの中身部分として使われているドロップインタイプのダーツケースです。

その他の付属品を入れる収納はついていないものの、
カラビナ部分にフライトやチップケースを付けたり、
ケースのパーツを入れ替え長くしたり、バンドの色を替えたりとシンプルながらにカスタマイズが可能なところが魅力です。

とにかく安くドロップインタイプのケースを使いたい人や、
ケースにも個性を出したいという人にもおすすめな商品です。

■エルスタイル クリスタル ワン
【価格】¥2,593(税抜)
コスパ :★★★★★
デザイン:★★★☆☆
機能性 :★★☆☆☆


3:【カメオ】ドロップスリーブ2



続いてもドロップインタイプのケースです。
エルスタイルのクリスタルワンと違い、パーツの組み換えはできないものの、
必要最低限の機能を備えたダーツケースとなっています。

長いバレルを使っている人でも長さを調整出来るアジャスター機能がついているもの魅力です。
また、シンプルを突き詰めているため今回紹介する商品の中で唯一の1,000円台の商品です。

■【カメオ】ドロップスリーブ2
【価格】¥1,680(税抜)
コスパ :★★★★★
デザイン:★★☆☆☆
機能性 :★★☆☆☆


4:【ターゲット】タコマ ウォレット XL



ドロップインタイプのケースから少し離れて、
収納力抜群のターゲットのタコマウォレットです。

このダーツケースの良いところはなんといっても抜群の収納力です。

バレルが2セットの他に形状記憶じゃなければ、
フライトが3セット収納可能になります。

シャフトやチップ、フライトの替えを、
一つにまとめておきたいという人にはうってつけのダーツケースです。

■【ターゲット】タコマ ウォレット XL
【価格】¥2,389(税抜)
コスパ :★★★★☆
デザイン:★★★☆☆
機能性 :★★★★☆


5:【ティガ】スマートダーツケース



5,000円以下最後のおすすめダーツケースは、
TIGAのスマートダーツケースです。

その名の通り、ドロップインでフライトをつけたまま収納できるだけでなく、
シャフト、チップ、ダーツカードと全てを収納できる収納力が魅力です。

また、ハードタイプのケースですので、
衝撃にも強く、安心して持ち歩くことができます。

■【ティガ】スマートダーツケース
【価格】¥2,500(税抜)
コスパ :★★★★☆
デザイン:★★★☆☆
機能性 :★★★★★


10,000円以上の高級ダーツケース

スポンサーリンク

ここからはちょっと値段がお高めなダーツケースを紹介します。
他の人と被らず、いい商品を使いたいこだわり派の人におすすめのダーツケースです。

1:【ジョーカードライバー×サード】コラボレーションケース
2:【ジョーカードライバー×サード】バレルウォーマー タイプ2
3:【スティール】ハンティング ダーツケースDタイプ
4:【スティール】 ハンティング ダーツケースGタイプ
5:【ジョーカードライバー×サード】ボックスケース タイプ3

1:【ジョーカードライバー×サード】コラボレーションケース



まずはダーツ界の最高級ブランド「ジョーカードライバー」のダーツケースです。
高級感のある革とは裏腹に抜群の収納力を誇るこのサードとのコラボレーションケースですが、
ダーツケースの中でも最高級品といえる28,000円!

ただ高いだけではなく、ドロップインでダーツがそのまま収納でき、
チップケースやカードケースなど細かい収納まで行き届いているところが特徴です。

また、その値段からいつか欲しいダーツケースとして、
バレル同様に憧れのダーツアイテムとなっています。

マジで欲しい!!

初めて実物を見たけど、めちゃくちゃカッコよかった( ;∀;)
皮の質感もとてもいいし、形もキレイ!
内側と外の糸の赤がアクセントになって、さらにgood!

首掛けタイプなども付属してくれてるのは嬉しいですね!!

ダーツケースだし写真でもよくわかるからあまり詳しくレビューする必要はないですが、とにかくカッコいい!!
そして、いつか欲しい!!

■【ジョーカードライバー×サード】コラボレーションケース
【価格】¥28,000(税抜)
コスパ :★☆☆☆☆
デザイン:★★★★★
機能性 :★★★★☆


2:【ジョーカードライバー×サード】バレルウォーマー タイプ2



続いてもジョーカードライバーのダーツケースです。
このダーツケースはその名の通り、「バレルウォーマー」という名のだけあり、
ケースにコンパクトカイロを貼り付けるという変わった特徴があります。

カイロって必要?笑

と思った人も安心してください。
ちゃんと収納力や革の質感は本格的で値段に以上の価値のあるダーツケースと

■【ジョーカードライバー×サード】バレルウォーマー タイプ2
【価格】¥23,149(税抜)
コスパ :★★☆☆☆
デザイン:★★★★☆
機能性 :★★★★★


3:【スティール】ハンティング ダーツケースDタイプ



続いては高級ダーツケースの老舗「スティール」のハンティングダーツケースです。
革製のダーツケースといえばスティールを思い浮かべる多い程、人気のあるダーツケースです。

使えば使う程、革の質感が馴染んでいき味が出てきます。
カラーバリエーションも豊富で、
好きな色を選んで革の「経年劣化」を楽しむ事ができるダーツケースになっています。

■【スティール】ハンティング ダーツケースDタイプ
【価格】¥13,800(税抜)
コスパ :★★★☆☆
デザイン:★★★★★
機能性 :★★★★☆


4:【スティール】 ハンティング ダーツケース Gタイプ



続いてもスティールのダーツケースです。
タイプDよりも若干購入しやすい価格になっていますが、
デザインや革の品質は申し分ありません。

派手なフォルムになっていますので、
ダーツケースをファッションの一部として取り入れたいオシャレな人におすすめです。

■【スティール】 ハンティング ダーツケース Gタイプ
【価格】¥12,600(税抜)
コスパ :★★★☆☆
デザイン:★★★★★
機能性 :★★★☆☆


5:【ジョーカードライバー×サード】ボックスケース タイプ3



最後はジョーカードライバーのダーツケースのボックスタイプです。
ドロップインタイプと比較し、
1万円近く安くジョーカードライバーのダーツケースが手に入るのは魅力です。

ボックスタイプならではの収納力に加えて、
大会の時に使える首掛けのケースがついていることも嬉しいです。

ジョーカードライバーはハードルが高いけど、
という人には良さそうなダーツケースです。

■【ジョーカードライバー×サード】ボックスケース タイプ3
【価格】¥18,500(税抜)
コスパ :★★☆☆☆
デザイン:★★★☆☆
機能性 :★★★★☆


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

-お店, 商品, 節約法
-, , ,