dartslive JAPAN 女子 日本 選手名鑑

【強すぎ注意】日本女子ダーツ界の絶対女王「鈴木未来」選手まとめ

2017年のシーズンに入り、優勝7回、準優勝1回と
日本の女子ダーツ界で圧倒的な強さを見せている「鈴木未来(みくる)」選手。

数多くの実力者を抱える「JAPAN LADIES」において、
頭一つ抜けた活躍をみせています。

今回はそんな女子ダーツ界の絶対女王「鈴木未来」選手についてまとめてみます。

鈴木未来(すずきみくる)選手のプロフィール

スポンサーリンク

1:まずは基本のプロフィール
2:フォーム
3:試合映像

1:まずは基本のプロフィール

生年月日:1982年2月5日
出身:大阪府
身長:159cm

鈴木未来選手は大阪出身の35歳。

26歳の時にダーツを始め、
その後、D-crownやPerfect、JAPANでプロダーツプレーヤーとして活動し、
ハードダーツの日本代表にも選ばれたことのある紛れもないトッププレーヤーです。

2:フォーム

鈴木選手のフォームの特徴としては、
浅いテイクバックからポンポンと投げるリズムの良さです。

外側にセットアップした肘を内側に移動させて投げるフォームも独特ですが、
劣勢の状況でも表情を変えずに狙ったところへ入れ続ける姿はまさに女王と言っても過言ではないでしょう。

3:試合映像

鈴木選手の強さわかる試合の一つに2015年のSUPARK東京大会があります。
Perfectの女子トップ選手「大城 明香利」選手との決勝の試合です。

1、2Legと鈴木選手が取り、3、4Legを大城選手が取る接戦で、
最終Legも最後のラウンドまでどちらの選手が勝利するか一進一退の攻防を繰り広げました。

女子プロの試合でもハイレベルな名勝負となっています。

強すぎる数々の実績

スポンサーリンク

1:JAPAN
2:ハードダーツ
3:THE World

1:JAPAN


2013年にPerfectからJAPANに移籍し、
2014年にはJAPAN LADIESで年間ランキング1位、
2015年には年間ランキング2位、
2016年には再び年間ランキング1位を獲得し、

2017年も前半のBlue Stageを1位とここ3年間で安定した成績を残しています。

2:ハードダーツ

鈴木選手といえば、ハードダーツの世界でも活躍をしており、
JSFDの日本代表にも選ばれています。

2016年にはアジア・パシフィックカップの日本代表として、
LADIESシングルスで優勝し、
国内大会を合わせて9度の大会優勝を果たしています。

3:THE World

鈴木選手は国内ツアーやハードダーツのトーナメントだけでなく、
2014年からは男性プレーヤーと一緒になりThe Worldへも参戦しています。

女性では歴代1位のBest32の成績を残し、
女性プレーヤーの中という垣根を超えて世界に挑戦を続けています。

鈴木選手モデルのバレルも人気

スポンサーリンク

1:バレルはグリーンルーム「フォクシー42」
2:セッティング
3:鈴木選手モデルのフライトも

1:バレルはグリーンルーム「フォクシー42」



女性プレーヤーのモデルにしては、
42mmと長めなセミロングに18gのやや重めの作りになっています。

また、特徴的なオクタゴンカットと縦方向のカットがしっかりしたグリップを実現しています。

少し長めで難易度が高そうに見えますが、
複雑なカットがダーツの飛びを助けてくれるデザインです。

材質:タングステン90%
最大径:7.2mm
形状:トルピード
規格:2BA
長さ:42.0mm
重さ:18.0g
刻み:リングカット,ウィングカット,縦カット,オクタゴンカット,多面カット,ホブカット

2:セッティング

鈴木選手はこのバレルに、
L-shaftの260と自身のモデルのシェイプフライトをセッティングしています。





鈴木選手モデルのバレルを使うなら一度は同じセッティングで試してみたいですね。

まとめ

スポンサーリンク

今回は近年の女性ダーツプレーヤーの中でも、
トップクラスに安定した成績を残している鈴木未来選手についてまとめてみました。

圧倒的な実力で日本のダーツのトップを走る鈴木選手はこれからも注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-dartslive, JAPAN, 女子, 日本, 選手名鑑
-, , ,