ニュース 初心者 商品

【やはり王道?】価格帯別おすすめストレートバレル6選

ダーツのバレルをイメージするとき、
その形状はストレート型でしょうか?それともトルピード型でしょうか?

日本の場合、トルピード型の方が普及しているため、
トルピード型のバレルを思い浮かべる人も多いかと思います。

しかし、

海外のダーツプレーヤーなどを中心に根強い人気がタイプが、
王道のイメージのある「ストレート型」です。

今回はそんな王道派の「ストレートバレル」についてまとめてみます。

関連リンク:「憧れの選手に近づきたい!プロダーツプレーヤーモデルのバレルまとめ


ストレートバレルの人気の理由

スポンサーリンク

まずはストレートバレルの魅力とメリットについて考えてみましょう。

1:ストレートバレルとは
2:ストレートバレルのメリット
3:ストレートバレルを使うプレーヤー

1:ストレートバレルとは



ストレートバレルとはその名の通り、
ダーツの前後で太さを大きく変えずに細長い形状のバレルをいいます。

それと比較し、バレルの前方から後方に掛けて細くなっているタイプのバレルを、
トルピードバレルと呼び、重心が前にあることが特徴です。

特にバレルの形状で良し悪しの差は無いですが、
一般的にはトルピード型の方が初心者は投げやすく、
ストレート型は投げるのが難しいと言われています。

関連リンク:「これを見れば大丈夫!ダーツを買うコツまとめ

2:ストレートバレルのメリット

最初のうちは投げる難易度が高いと言われているストレートバレルですが、
その分、余計な力を抜いて正しく投げられればストレートバレルも綺麗に飛ばすことができます。

逆にいうと、
余計な力を抜いて正しく投げられているかをダーツの飛び方を通して確認することが出来るということです。

バレルの長さが短いバレルであればある程度、失敗してもそれなりに綺麗に飛びますが、
なかなか自分の癖やフォームの修正箇所に気づき辛くなるため、
ダーツの上達を考えている人は一度は使ってみるべき形状といえるでしょう。

3:ストレートバレルを使うプレーヤー

難易度が高いと言われているだけあって、
ストレートバレルを使うトップ選手は国内外問わず数多く存在ます。

ダーツ界のレジェンド「フィル・テイラー」の初期モデル「フェイズ1」もストレートバレルでした。
(最新のモデルはトルピード型になっていますが)



フィル・テイラーモデル フェイズ1 ゴールデン スティール 24g

日本では2017年に急逝したアニーこと「橋本守容」選手のオーガシリーズは、
橋本選手の実力も相まって、かなり売れたストレートバレルとなりました。


7,000円以下で買えるコスパの良いストレートバレル

スポンサーリンク

ここからはまず最初のストレートバレルとしても購入しやすい、
7,000円以下で買えるオススメのストレートバレルを紹介します。

1:【ハローズ】アサシン85% assassin 16g R
2:【バサラ】閃
3:【エスフォー】ライディーン

1:【ハローズ】アサシン85% assassin 16g R



コスパの良いタングステンダーツとして名高いハローズの「アサシン」シリーズ。
一番の魅力はなんと言ってもその価格です。
¥3,980(エスダーツ価格)と5,000円でお釣りの来る値段で購入できることはお財布にも優しいです。

また、カットもシンプルなリングカットなので、
使う人を選ばないシンプルな作りになっています。

とりあえずお試しでという人には最適なストレートバレルといえるでしょう。

■assassin 16g R
長さ:38.00mm
最大径:6.0mm
重さ:約13.5g

2:【バサラ】閃



新興系のバレルブランドになりますが、
低価格で本格的なバレルを数多く出しているBASARAシリーズの「閃」もストレートバレルとしてはオススメです。

長さも極端に長すぎず、グリップ位置がわからなくなることのない後方のカットが、
初心者でも使いやすいデザインになっています。

今までトルピードばかり使っていていきなりストレートは不安な人などは、
入門用として使いやすいはずですのでオススメです。

材質:タングステン90%
バレル単体重量:16.5g
全長:41mm
最大径:6.5mm
規格:2BA

3:【エスフォー】ライディーン



BASARAの閃と近いですが、
エスダーツのブランドエスフォーシリーズの「ライディーン」もストレートバレルとして評価が高いです。

後方のカットがあることでグリップが安定しており、
全長もやや長めなので、形状よりもまずは長いもので試してみたいという人にもオススメのモデルです。

重量:17.5g
長さ:47.5mm
最大径:7.0mm


本格派の10,000円以上のストレートバレル

スポンサーリンク

最後は少し値は張りますが、本格的な人気のあるストレートバレルを紹介します。

1:【ディーエムシー】フェニックス
2:【ティガ】フュージョン レイ・カーバーモデル
3:【モンスター】オーガ6

1:【ディーエムシー】フェニックス



国産バレルの老舗ブランドDMCのストレートバレル「フェニックス」

バレル自体の品質もさることながら、
シンプルな形状としっかりと指に掛かるウィングカットが特徴です。

初心者でも投げやすいという声も多いので、
本格派とはいいつつも初心者の人にもオススメのバレルです。

長さ43.50mm
重さ16.50g
直径6.40mm

2:【ティガ】フュージョン レイ・カーバーモデル



高級ラインのバレルブランドTIGAのフュージョンシリーズから、
アメリカの名ダーツプレーヤー「レイ・カーバーモデル」が発売されています。

TIGAといえば虹色のコーティングと高級感のある木の箱ですが、
その値段以上にTIGAのこだわりがつまったバレルが多く沢山のファンがいるブランドとしても知られています。

この「レイ・カーバーモデル」は珍しいタングステンとチタンを配合された素材で出来ており、
センター重心の多いストレートバレルの中では、前重心を実現したモデルとなっています。

ストレートバレルはいいけど前重心を使ってみたいという人にはオススメのモデルです。

長さ46.00mm
重さ約18g
直径6.80mm

3:【モンスター】オーガ6



多くのトッププレーヤーを排出し、
数多くの名バレルを生み出しているバレルブランのモンスター

その中でもその強さから一世を風靡した橋本守容モデルの「OGRE」シリーズは、
トップクラスの選手から初心者まで幅広いダーツプレーヤーに愛用されてきました。

今回、その「OGRE」の最新作、橋本選手が最後に使用していたプロトタイプが商品化され、
「OGRE Ⅵ」として8月26日発売が決まりました。

日本が世界に誇るダーツプレーヤーのバレルですので、
ダーツ好きなら一度は使ってみたいモデルです。

・素材:タングステン90%
・バレル重量:16.5g
・バレル径:6.6mm
・バレル長さ:42.0mm

 

まとめ

スポンサーリンク

ダーツ好きから根強い人気のあるストレートバレル
今回はコスパや特徴毎にオススメのストレートバレルを厳選してみました。

今までトルピードしか使ったことが無いという人は、
一度ストレートバレルを使ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-ニュース, 初心者, 商品
-, ,