SNS イベント情報 ニュース ネタ 日本

【新レジャー誕生?】ダーツ=インドアはもう古い?話題の青空ダーツとは?

今年に入り、
twitterやFacebookなどで徐々に話題になっている「青空ダーツ」

文字通り、青空の下で野外ダーツをしようという集まりで、
ダーツボードで有名なグランダーツがサポートしてるという点でも話題です。

どうしても「ダーツ=インドア」なイメージが強いですが、
今後この青空ダーツが広がっていくのでしょうか。

今回はこの青空ダーツについて既存のネットの情報を元にまとめてみようと思います。

ダーツ=インドアはもう古い?話題の青空ダーツとは?

スポンサーリンク

まずは気になる青空ダーツとは何かということについてまとめてみます。

1:青空ダーツって?
2:必要なものはドリンクとやる気、元気らしい
3:密かに注目が集まっている?twitter上での声

1:青空ダーツって?

青空ダーツではダーツボードとスタンドを公園などの野外に設置してダーツを楽しみます。

青空ダーツ「Blue sky Darts Club」以外でも、
「マチダーツ」という町田のダーツチームが子どもを対象に町田ゼルビアとダーツスクールを催したりもしています。

2:必要なものはドリンクとやる気、元気らしい

青空ダーツさんのtwitterによると、
参加費などは特にかからず、ドリンクと元気、やる気があれば問題ないようです笑

人数が集まればトーナメントなどもしているようなので、
特にお金もかからずワイワイダーツが出来て楽しそうです。

3:密かに注目が集まっている?twitter上での声

まだ、そこまで多くの人が青空ダーツをしているわけではなさそうですが、
ダーツ界のアイドル「まよんぬ」さんも興味津々ですので、
今後、大きなイベントになっていくかもしれません。

実際に青空ダーツをするにあたって気をつけた方が良さそうなこと

スポンサーリンク

主に東京近辺での青空ダーツ活動が目立っていますが、
人とダーツボード、スタンドがあれば気軽にどの地域の人でも青空ダーツはできそうです。
ここからは青空ダーツをするにあたって気をつけた方が良さそうなことをまとめてみます。

1:周りの人にどれくらい人がいるのか
2:スタンドの設置場所やスローライン
3:マナーは普段より大切

1:周りの人にどれくらい人がいるのか

やはり一番気をつけるべきことは周りの人です。

人が多い公園では小さい子どもが走り回っていたり、
レジャーシートなどを引いて座っている人も多いので、
アウトボードをしてダーツ当たると危険です。

人の多いところは避けるようにしましょう。

また、近年公園やビーチはかなり遊び方の規制が厳しくなっていることが多いので、
各自治体のルールは事前に確認しておいた方がいいでしょう。

2:スタンドの設置場所やスローライン

野外でダーツをする以上、
地面の状態や平らになっているかどうかは重要になります。

特に、高価な電子ダーツを使う場合は、
足元が不安定だと壊れてしまったり、
地面がぬかるんでいるとバレルが汚れてしまいます。

また、スローラインの固定も難しいので、
どこに設置するのかと設置する道具は事前に気を使った方が良さそうです。

3:マナーは普段より大切

普段ダーツが置いてあるお店でダーツをするのであれば、
ある程度ワイワイしたり、ゴミの処理もそこまで気にならないかもしれません。

しかし、

やはり野外でダーツをということであれば、
騒ぎ過ぎたり、ゴミを残して周りを汚くしたりすると周辺の人からクレームが来てしまいます。

知らない人から見るといい大人が酒を飲んで騒いでいるだけに見えてしまうので、
普段ダーツをしている環境以上にマナーに気を使うようにしましょう。

世界初?富士山頂でハットトリックに挑戦するらしい

スポンサーリンク

最後は8月17日に予定されている世界初かもしれない富士山頂での、
青空ダーツイベントについてまとめてみます。

1:グランダーツも応援中
2:日時は?
3:気になる人はライブ配信をチェック

1:グランダーツも応援中

グランダーツのダーツボードを使って、
青空ダーツのメンバーが富士山頂でハットトリックやオンライン対戦に挑戦するようです。

過去、富士山頂ではさすがにダーツをした人はいないと思うので、
世界初の試みになるのではと言われています。

2:日時は?

日時は8月17時の早朝5時から登山を始めて、
8時間程かけて13時ごろから公表されているお題に挑戦するようです。

ダーツをする前にまずは富士山を登るというハードルがあるので、
トラブルなく、登山できることを祈るばかりです。

3:気になる人はライブ配信をチェック

当日はチャレンジしている状況をtwitterやFacebookでLIVE配信するようですので、
青空ダーツに興味がある人は調べてみてもいいかもしれません。

また、グランダーツをすでに持っている人は、
オンライン対戦が出来るかもしれないので、
詳細はSNSで調べてみるといいでしょう。

青空ダーツTwitter
青空ダーツFacebook

まとめ

スポンサーリンク

今回はSNSで密かに話題になっている「青空ダーツ」についてまとめてみました。

東京近辺に普段いる方はすでに活動している青空ダーツに参加してみるのも良いですし、
その他の地域の人は地元で青空ダーツに挑戦してみてもいいかもしれないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-SNS, イベント情報, ニュース, ネタ, 日本
-, ,