プロ 体調管理 商品

【着けるだけでプロ気分?】プロ選手が使ってるアームカバーについてまとめてみた

プロの試合を見ていると、
腕にサポーターを付けている選手をよく見かけます。

プロは肘を怪我しながら試合してるのかな?
すごいな・・・

なんて思った人もいるのでは無いでしょうか。

しかし、

プロの選手が使っているこのサポーター、
ちゃんとしたダーツアイテムとして選手たちに愛用されています。

今回はプロも愛用している「アームカバー」についてまとめてみます。

アームカバーって何?

スポンサーリンク

まずはアームカバーとは何かについてまとめてみたいと思います。

1:1:本来の目的は?商品名は?
2:ファイテンのアクアチタンって
3:試合中につけても効果があるの?

1:本来の目的は?商品名は?

このサポーターは正式名称は「アームカバー」といいます。

プロ選手の中でも知野真澄選手やポール・リム選手が着用して試合に出ていますが、
彼らはダーツのアームカバーでは一番知られている、
「Doron」のオフィシャルプレーヤーとして契約しています。

この「Doron」のアームカバーはファイテン社とコラボした商品で、
生地にアクアチタンという物質が含まれています。

アクアチタンと着用時の圧によって、
スポーツ後の疲労回復を助ける効果が期待されている商品です。

2:ファイテンのアクアチタンって

スポーツの疲労回復アイテム老舗「ファイテン」
ダーツに限らず多くのトップアスリートが愛用していることでも知られています。

最近ではフィギアスケートの羽生結弦選手が愛用している、
このネックレスを見たことがある人も多いでしょう。



アクアチタンにはストレスの解消効果や、
関節の可動域を広げる効果があるとしても知られています。

3:試合中につけても効果があるの?

主には疲労回復効果のある「アームカバー」ですが、
プロ選手達が試合中にも使用しているため、
試合中に着用しても効果がある程度期待出来るかもしれません。

アクアチタン自体に関節の可動域を広げる効果や、
神経伝達の向上させる効果があると言われているため、
肘の動きがスムーズになる感覚を感じる人もいます。

 

ダーツ以外の競技でも愛用者続出

スポンサーリンク

1:釣りのプロ「秦拓馬」プロ
2:テニスプロ「関口周一」選手
3:ハンドボールプロ「銘苅淳」選手

1:釣りのプロ「秦拓馬」プロ

23歳でオーストラリアの国際バストーナメントで優勝するなど、
バス釣りの世界で輝かしい実績を残している「秦拓馬」プロも、
doronのアームカバーを愛用しているアスリートの一人です。

バスを釣り上げる際に結構な筋力を必要とするバス釣りで、
doronを着用するようにし、筋肉痛が軽減し、
そこからアームカバーを愛用しているようです。

2:テニスプロ「関口周一」選手

激しい運動量で知られているテニス界でも、
doronの効果が注目されています。

ジュニア時代に数々のタイトルを獲得した、
期待の若手「関口周一」選手もdoronの愛用者です。

全身を激しく使うため身体への負荷も大きいテニスで、
関口選手は腕だけなく、全身用のdoronウェアを着用して、
試合後の関節の疲労感を軽減させているようです。

3:ハンドボールプロ「銘苅淳」選手

ハンガリーのプロハンドボールリーグでプレーしている「銘苅淳」選手も、
doronウェアを愛用しているアスリートです。

テニスと同様に激しく全身を使うハンドボールでも、
プレー後の疲労はかなり大きいものでしょう。

銘苅選手もdoronを上手く活用して、
疲労軽減に役立てているみたいです。

 

腕だけじゃない!全身で使える

スポンサーリンク

前述のdoronの愛用者の使い方でもわかるように、
実はアームカバー以外にも様々な部位向けの商品が存在します。
最後は腕(アームカバー)以外のアイテムを紹介します。

1:長時間立っていても疲れない?リカバリーソックス
2:上半身を安定させるロングスリーブTシャツ
3:体の軸を整えるハーフタイツ

1:長時間立っていても疲れない?リカバリーソックス



ダーツをやっていて腕の他に疲れが気になる箇所といえば、
脚という人も多いのではないでしょうか。

腕は投げ方の影響が大きいですが、
脚の疲れは長時間投げればなかなか避けづらいところです。

また、脚の疲れから下半身が安定しないことで、
フォームを崩してしまう原因にもなります。

アームカバーは普段使いするにはやや恥ずかしいですが、
リカバリーソックスであれば、ズボンの下に着れるので、
立ち仕事の人などは普段も使える便利なアイテムです。

アクアチタンとかあまり信用できないな・・・
という人でも割と効果を感じやすいアイテムなので、
試しに買ってみようという人はアームカバーよりもリカバリーソックスがオススメです。

 

2:上半身を安定させるロングスリーブTシャツ



知野真澄選手やポール・リム選手が愛用しているのは、
このロングスリーブタイプの商品です。

適度な着圧と肩や腰までカバー出来ていることから、
腕以外の上半身に不安がある人にはオススメの商品です。

吸水とUV加工がされているため、
ランニングなどの野外スポーツをする人も使えます。

 

3:体の軸を整えるハーフタイツ



上半身同様に、
下半身の疲労軽減や身体の軸を整える効果を見込むならハーフタイツがおすすめです。

この商品には腰部分にパワーネットと呼ばれる、
締め付けが入っているため、骨盤の歪みや姿勢を整える効果が期待できます。

どうしても片足重心になるダーツでは、
身体の軸が歪みがちです。

身体の歪みから疲れや腰痛の原因になりますので、
下半身に不安のある人にはハーフタイツを着用するのもいいでしょう。

 

まとめ

スポンサーリンク

今回はプロの試合で良く見かけるアームカバーについてまとめてみました。

口コミをみると効果の程は人それぞれですが、
腕だけでなく様々な箇所で使える商品も多いです。

腕や脚などの疲労が気になったら、
試してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-プロ, 体調管理, 商品
-, ,