商品 節約法

フライトをつけたまま入れられるダーツケースを使ったほうが良い理由

2017/01/21

マイダーツを手に入れて、
いつもカバンに直接ダーツを入れてしまってはいないですか?

もしくはダーツを買った時についてきた、
ペンケースサイズの小さいダーツケースに入れていますか?

今回はそんなこれからダーツケースを選ぶ人におすすめな、
フライトをつけたまま収納可能なダーツケースの魅力についてまとめます。

フライトをつけたまま入れられるダーツケースとは

スポンサーリンク

まず、フライトを付けたまま収納できるダーツケースとはどんなものでしょうか?

プラスチックなどの固い素材でできていて、
スロットケースなどとも呼ばれます。

下記の画像のようにフライトを外さずにダーツを収納出来ることが可能です。



特にCAMEOの「DROP SLEEVE」やL-styleの「KRYSTAL」などが、
このモデルを出していて今人気の種類になっています。

価格帯は2,000円前後~で、
下記のように革製のケースと一緒になると5,000円~1万円くらいの価格帯になります。



ダーツがそのまま入るタイプのケースを使った方がいい理由

ダーツがそのまま入るタイプのケースを使うメリットはこのようになります。

1:出し入れが簡単
2:フライトを傷めない
3:パーツをなくしづらい

1:出し入れが簡単
ダーツバーに着いて、
さぁダーツを投げようと思った時に、
ケースから出してすぐダーツを始められます。

また、帰る時にダーツをすぐに収納できるので、
終電ギリギリまでダーツをして遊んでたときなど、
急ぎの時にこのありがたみを非常に感じることができます。

2:フライトを傷めない
フライトを消耗させる一番の要因は、
シャフトとフライトの脱着にあります。

もちろんグルーピングしてフライト同士がぶつかることも、
消耗の原因になりますが、
外れたフライトを何度もつけることで、
シャフトとの結合部分が破れフライトを傷めることになります。

また、
フライトをむき出しにして鞄にダーツをそのまま入れたりしていると、
他の荷物に潰されて、フライトの形が変形したり折れたりしてしまいます。

フライトをつけたまま収納出来るケースがあれば、
このフライトの折れやシャフトと接する部分の消耗を防ぐことが可能になります。

3:パーツをなくしづらい

鞄の中や家にダーツを置いておくと、
知らない間に各パーツが外れて、
バラバラになっていたなんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

すぐに見つかればいいですが、
一つ一つのパーツが細かいので分解するとなくなりやすいです。

ダーツを分解することなくケースに収納できれば、
大事なパーツを紛失する心配もなくなります。

もう少し安く押さえたい人はメガネケースがおすすめ

まだ始めたばかりでダーツケースにまではまだお金を掛けたくない・・・
そんな人にはダーツケースの代わりにメガネケースがおすすめです。

特に布製や革製の柔らかいものではなく、
プラスチックなどのハードケースがおすすめです。

サイズに寄ってはダーツが入らないこともあるので、
新たにダーツケースように買うのであれば、
大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

大体1,000円以下くらいの値段で買うことができます。

まとめ

はじめてマイダーツを手に入れて、
まだダーツケースを買うのはちょっとという人でも、
ダーツを続けていると、フライトやシャフトの傷みは気になってきます。

ダーツを上達するためには、
まず道具を大事にするところから始めてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-商品, 節約法