dartslive Phoenix 初心者

ルールは完璧?ダーツに行く前に予習しておきたい各ゲームのルール

2017/01/21

明日は初めてのダーツ、でもダーツのルールってざっくりとしかわからない・・・

遊びとはいえ、スポーツなので、
ルールをわからずに行くと興ざめなんて事になりかねません。

そんなざっくりとしかわからないダーツのルールを改めておさらいします。

ダーツは3本で1セット!超基本のルール

スポンサーリンク

まずは基本のルールからおさらいしてみましょう。

①ゲームの流れ
②得点計算

①ゲームの流れ



まずはダーツのゲームの流れをおさらいしましょう。
ダーツは3本投げて1ラウンドと表現し、
1ラウンドを終わると次の人と交換します。

ゲームによって違いがありますが、
このラウンドを繰り返してダーツのゲームをすすめます。

②得点計算

ダーツの盤面の外側に数字が書いてあり、
矢の刺さったヶ所の外側の数字があなたの点数になります。

また、それぞれの内側にある細い円と、一番縁の細い円を、
それぞれ「ダブルゾーン」、「トリプルゾーン」といい、

内側の細い円を「トリプルゾーン」として刺さった場所の点数を3倍にします。
一番縁の細い円は「ダブルゾーン」として刺さった場所の点数を2倍にします。

そして真ん中の円を「ブル」と呼び、
ゲームの種類やソフトダーツかハードダーツかによって点数は変わりますが、

一番真ん中の「ダブルブル」を50点、
外側の円を「シングルブル」として25点で計算します。

3本の合計点がそのラウンドの得点となり、
その得点を元にゲームを進めていきます。

決められた点数をゼロにしよう!01のルール

ダーツで最もオーソドックスなゲームである、
「01(ゼロワン)」のルールを覚えてみましょう。

①01の種類
②勝敗の決め方

①01の種類

「01」とは決められた点数を先にピッタリ0にするゲームです。
下記のような数字を先に0にしていきます。

301
501
701
901
1101
1501

海外のハードダーツの大会では501だけをおこおない、
世界一のチャンピオンを決めます。

主に国内のダーツバーに置いてある、
ソフトダーツと呼ばれる電子ダーツでは、
「ダブルブル」も「シングルブル」も得点を50点で計算して勝敗を決めます。

②勝敗の決め方

前述の通り、01というゲームでは、
先に決められた点数を0にすることで勝利となります。

普通に遊びでダーツをする場合、
盤面のどこにあたっても、ピッタリ0になれば勝利となりますが、
プロの場合はそうともいきません。

ダーツ発祥の地であるイギリスのハードダーツでは、
最後は必ずダブルゾーンで終わらないといけないという、
「ダブルアウト」がルールとして定められています。

この「ダブルアウト」のルールをベースに、
日本のソフトダーツでも、ダブルゾーンもしくはトリプルゾーン、ブルを使って最後にあがる
「マスターアウト」と呼ばれる終わらせ方をルールにする場合があります。

上記のような上がり方はある程度、
上達した人達が楽しんでいるルールになるので、
初心者同士でやる必要はないでしょう。

しかし、
ある程度慣れてくれば、
ダブルゾーンやトリプルゾーンを狙えるので、
思い切って狙ってみるとダーツがより面白くなります。

クリケット

次は01と同様にメジャーなゲームの種類の一つである
「クリケット」についてもおさらいしてみましょう。

①クリケットは陣取り合戦
②得点計算と勝敗決定

①クリケットは陣取り合戦
クリケットはダーツで行う陣取りゲームです。

「スタンダードクリケット」と呼ばれるゲームでは、
15、16、17、18、19、20、Bullを使って遊びます。

上記の数字に1本入ると1マークとして、
3マーク貯まると自分の陣地になります。

自分の陣地に4マーク以上入ると、
点数になりその点数で勝敗を決めます。

また、相手が3マーク以上入れている陣地に、
自分のダーツが3マーク入るとその陣地は「クローズ」されて、
相手も自分も点数をとることができなくなります。

②得点計算と勝敗決定

クリケットではさらに、
ダブルゾーン、トリプルゾーンにはいると、
マーク数が2倍、3倍になります。

1本目で20のトリプルゾーンに入れば、
一気に自分の陣地になり、2本目から20に入るごとに自分の点数になります。

勝敗の決定条件は2つで、

1つはすべての陣地をどちらかが奪い、
その時に点数が上回っている方が勝者となります。

2つ目はすべてのラウンドが終わった時に、
点数が相手よりも上回っていたほうが勝者となります。

まとめ

ダーツには他にも「カウントアップ」と呼ばれる、
純粋に点数を重ねていくゲームから、
「サバイバー」や「キャスルボンバー」などの、
パーティーゲームと呼ばれるものもあります。

いつも同じゲームばかりをしていて少し飽きてきたときには、
色々なゲームを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-dartslive, Phoenix, 初心者