SNS 日本

独り身卒業!ダーツが趣味の人と出会う方法まとめ

2017/07/21

ダーツを始めたらモテると思ったのになかなか恋愛に発展しない・・・

そもそも思った以上に出会いが少ない・・・

自分は出会いとかではなく、ダーツが純粋面白いから上手くなりたいんだ!

ダーツを始める人のきっかけは人それぞれですが、

新しい出会いを求めて始める人も多いのではないでしょうか。

そんなダーツを始めてもっと出会いを増やしたい人に向けて、

ダーツが趣味の人と出会う方法をまとめます。

ダーツバーは出会いの宝庫?ダーツバーで出会う方法って?

スポンサーリンク

1:「ダーツ」=「出会い」があるは本当?
2:ダーツバーの客層の8割は男性?
3:確率は低いが「出会える」可能性はある

1:「ダーツ」=「出会い」があるは本当?

「ダーツバー」と聞くとなんとなく「出会い」をイメージする人も多いでしょう。

やはり「バー」の持っている「お酒」や「夜」の雰囲気から、
ワイワイ仲良く男女が「ダーツ」を楽しんでいると思っている人は多いようです。

実際に、ダーツを全くやったことない人は、
「ダーツはクラブとかと近くてなんかチャラそう」なんて思う人もいます。

しかし、

イメージとは裏腹にダーツバーに頻繁に行く客層と、
クラブに良くいく客層は結構違うお店が多いです。

実際に行きつけのダーツバーが出来て、
お店で他のお客さんや店員さんと仲良くはなって、
人との「出会い」はありますが、恋愛とは違う方向になるケースが多いです。

2:ダーツバーの客層の8割は男性?

男性には残念ですが、
日本のダーツバーの大半が男性客です。
(女性にとっては選択肢が多いかもしれないですが)

もちろん中には女性客の比率が高いお店もあります。

しかし、
ダーツ人口の7~8割が男性ですので、男女比的に考えて
男性がダーツバーで恋愛目的で出会う確率は低いです。

3:確率は低いが「出会える」可能性はある

女性よりも男性の比率が圧倒的に多いですが、
もちろん女性のお客さんと仲良くなる方法はあります。

行きつけのダーツバーで開催されるイベントに参加することです。

お店内のハウストーナメントやリーグ戦、
中にはお客さんと店員で飲み会を開くところもあるので、
積極的にお店のイベントに参加していくと恋愛関係に発展する出会いもあるかもしれません。

しかし、1点注意しておきたいことは、
出会いを意識してガツガツしすぎないことです。

相席屋や婚活バーではないので、
相手の目的が恋愛目的でないことが多いです。

純粋にダーツを楽しみたい人を、
ひたすら口説いているとただの迷惑な客になってしまいます。

焦らずコツコツ仲良くなっていくことが大切です。

もう少し早く出会いたいならこんな方法も

スポンサーリンク

1:SNSを使う
2:ダーツサークルに参加してみる
3:ダーツ街コンにいってみる

1:SNSを使う

最近ではFacebookのグループやtwitterで、
ダーツ好きの人と知り合う人も多いです。

もちろんネットでの出会いなので、
仲良くなれるかどうかはコミュニケーション次第ですし、
どんな人かわからないリスクもあります。

2:ダーツサークルに参加してみる

少し前には社会人のダーツサークルなども流行っていました。

しかし、
サークルを作ったのはいいものの活動していなかったり、
ただの飲み友達になっているパターンも多いようです。

また、地方だとなかなか見つけることが難しくなりますが、
今でも活動している社会人、大学のダーツサークルがあるなら、
参加してみてもいいでしょう。

3:ダーツ街コンにいってみる

数年前に流行った「街コン」ですが、
最近では同じ趣味同士の人で行う街コンなどの出てきており。

まれにダーツの街コンも開催されています。
定期的にやっているわけでは無さそうですが、
見つけたら参加してみてもいいかもしれません。

最も効率的に同じダーツが趣味の人と出会うには?

スポンサーリンク

1:最もオススメはマッチングアプリ
2:合コン、街コンよりもコスパ良し
3:同じ目的で同じ趣味さらに愛称の良い人と出会える

1:最もオススメはマッチングアプリ

最も効率的にダーツが趣味の人と出会う方法は何になるでしょうか。

それはズバり「マッチングアプリ」です。

結局、出会い系かよ思った方もいるかもしれないですが、

最近流行っているマッチングアプリは、一昔前の出会い系サイトと違い、
Facebookで本人認証を行うなど、サクラやボッタクリが少なくなっています。

最近は20代~30代で抵抗が少なくなっている人も増えていて、
利用している人は結構普通の人が多くなっています。

2:合コン、街コンよりもコスパ良し

マッチングアプリをオススメする理由に、コスパの良さがあります。

昔ながらの出会い系はメール一通○○円(ポイント)という制度なので、
サクラとやり取りしているうちにドンドンお金を使うことなるという人も多かったです。

しかし、

マッチングアプリのシステムは定額制で月3,000円前後です。

合コンの一回の飲み代(3~5000円程度)
街コンの参加費(7000~10,000円程度)

と比較するとかなり安く利用できます。

2~3時間で元を取らなきゃという焦りもなく、
自分のペースで利用できるので無理をする必要がないのがメリットです。

3:同じ目的で同じ趣味さらに愛称の良い人と出会える

マッチングアプリの中でもオススメなものが、
メンタリストのDaiGoさんが監修した「with」です。



このアプリのコンセプトは「運命よりも、確実。」というもので、
アプリ内で自分を分析してもらい、
相性の良い人を自動的にマッチングしてくれるところが特徴です。

また、自分の好きなカテゴリーを「ダーツ」にしておけば、
同じダーツ好きでかつ性格的な相性の良い人をマッチングしてくれます。

このアプリを利用している時点で、
独身かつ出会いをある程度求めているはずですので、
相性が良く、同じ趣味で円滑に恋愛が進められます。

せっかくダーツも始めたし、
出会いも欲しいなんて人は利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdartsnews_infoをフォローしよう!

スポンサード

-SNS, 日本
-,